結婚式はどんな種類があるの?メジャーな結婚式のスタイル3選

格式を重んじる【神前式】

神社やホテルなどに設けられた仮神殿で行われるのが【神前式】です。衣装は男性は紋付き袴、女性は白無垢で頭には角隠しや綿帽子などをかぶりますが、最近ではかつらなどをかぶらず髪型だけ洋風にする方も増えています。親族のみが参列するのが一般的で、家と家の結びつきを強く感じられるため、年配の方には喜ばれる傾向にあります。格式の高さを感じますが、日本の伝統的なスタイルの結婚式なので一生に一度の記念になりますね。

一番人気の【キリスト教式】

教会や、ホテルや結婚式場に併設されたチャペルで行われるのが【キリスト教式】です。衣装は男性はタキシードやモーニング、女性は純白のウエディングドレスにヴェールが一般的です。教会によっては、神聖な場所なので露出の多いドレスが着れないこともありますので袖のあるものや羽織があるものなどが必要な場合もありますので要注意。親族のみに限らず、友人なども参列することができるので、一番人気のスタイルです。綺麗なドレスを着てバージンロードを歩きたい・・・という小さなころからの夢を実現するならこのスタイルです!

自由なスタイルで行える【人前式】

これまでお世話になった人たちの前で愛を誓う、宗教色のない結婚式を【人前式】といいます。式進行そのものに決まりがないため、オリジナリティあふれる式にできます。衣装も決まりはなく、着物でもドレスでもOK。参列者も「立会人になってほしい」と思ったすべての人が可能なので、自由度が高いですね。人前式では「誓いの言葉」を宣言します。二人で考えたこれからへの決意などを堂々と、時にはユーモアたっぷりに宣言し、列席者が拍手で承認するシーンはふたりらしさが感じられるおすすめのシーンです。自分たちらしさを出したいならイチオシ!

品川の結婚式場が選ばれる理由として、交通の便が良いだけでなく、高級感のあるホテルが揃っていることがあります。