学校の行事で写される写真は思い出の集合体です

プロが写す自然体が新たな発見になります

子どもの学校行事の写真は年間を通してたくさんあります。小学・中学・高校と12年間の中で、事あるごとに記念写真として写すものです。この中でも、運動会や学芸会などは、スナップ写真としてプロのカメラマンを学校側で依頼するため、様々な角度から写してくれます。これは親が写すのではないので、第三者の目で子どもを写しているので購入してしまいます。わが子が、知らない同級生と楽しそうにワイワイ騒いでいる姿を見ると新たな発見となるのです。

修学旅行の集合写真は何度も出して見るものです

子どもの修学旅行は、高校を含めると3回あります。必ず学年ごとの集合写真があるので、何度も出して子どもと楽しい会話を楽しむことができます。一学年の人数が年々少なくなっているので、子どもの多い家庭では少子化が一目瞭然でわかります。写真の裏に個人名を書いておくと、何年経っても写真を取り出すと、子どもの学生時代に戻ることができます。学校で写される写真は、年代と場所が記載されているため、歳を重ねるに従い貴重なものになります。

子どもの同級生と街中ですれ違ってもわかります

子どもが学校で写した集合写真を、親はアルバムを開いて見ているものです。そうして、参観日などで学校に行ったときに写真の顔と名前を覚えるのです。算数のできる子、絵の上手な子、ピアノを習っている子と、親は写真を眺めているのです。学校を卒業し、子どもが独立し家を出て行った後に、街中で同級生とすれ違うと親は分かるのです。そうして、「今、何をやっているのだろう」と人さまの子ではありますが、気になるものなのです。

思い出に残るスクールフォトにしたいなら、業者の選択がポイントです。価格や実績、サービスなどを比較しましょう。